クリエイティブ・クオリティ

EPCネットワークを活かした、先進のクリエイティブ・クオリティ。

全国レベルの情報を リアルタイムに収集・分析・加工。

情報があふれている時代にあって、いかに求めるデータやニーズを抽出するかがビジネス上の大きな課題となっています。EPC-JAPANでは、15社のネットワークを活用し、ひとつの地域や地方ではカバーしきれない全国レベルの情報をリアルタイムに収集・分析・加工。これにより、クライアントやプロジェクトのマーケティング課題を発見し、それを解決する具体的な施策をご提案いたします。また、地域の生活環境や住む人の感覚を重視したコンセプトメーキング、プロモーションの企画立案・実施についても高い実績を上げています。

クリエイティブ・ノウハウを共有し、マルチに活用。

プランニングからコピーライティング、デザイン、イラスト、撮影に至るまで、優れたクリエイティブ・ノウハウもまた、EPC-JAPANが誇るたいせつな資産。まるで体中を流れる血液のように、EPCネットワーク間を縦横無尽に駆け巡り、日々バージョンアップしています。さらに、各地域のトップクリエイターをブレーンとして組織しており、遠方での取材や撮影などにもスピーディーに対応。低コスト・短納期化にも、さまざまなソリューションをご提案できます。

EPC NETWORK POWER
販促研究会
各種販促事例の情報交換と討議を行い、各社で活用しています。
クリエイティブネットワーク
遠方の取材撮影などでもEPCのネットワークにより円滑に行えます。
マーケティング研究
タイムリーな情報交換、事例研究活用などの他、営業、企画開発のためのプロジェクト活動を行っています。
マルチメディア研究
多様化する情報メディアに長年培ってきた組版技術、画像処理技術のノウハウを活かし、最先端のマルチメディアを研究しています。
データベース研究
これまでのノウハウを活かした新たなメディアの研究、開発をはじめ、企業戦略の中核をなすデータベースなどについて取り組んでいます。
情報処理研究
情報処理全般にかかる研究、開発などに取り組むと同時に、ネットワークにおける情報のインフラ整理・構築を進めています。